DTP(写植)

弊社では、翻訳と並行して、AdobeやMicrosoftの各種ソフトを活用し、貿易派遣団の資料から大手航空会社の免税カタログやホテルの広告などまで、広範囲な出版物のDTPやタイプセッティング(写植)を行っています。英語をはじめ、中国語、韓国語、ドイツ語、ロシア語など、あらゆる言語の名刺の作成にも対応しています。

「分かっているつもり」が一番怖い

Engrish.comなどからも分かるように、日本人は重要な文書でも、しばしば英語を間違えて諸外国の笑いものにされています。国際化といいながら、自社の商品を宣伝するはずのコピーを作成するときでさえ、その傾向は依然と強く残っています。その大きな理由の一つは、英語力に対する自信過剰(自覚不足)ですが、同時には、ネイティブにチェックをしてもらう必要性に関する認識不足でしょう。また多くの場合、言葉だけではなく、デザインなども対象となるお客様に合わせる必要があります。だからこそ、英語の資料を作成するとき、在英の専門家、プロフェッショナル・ネイティブ・スピーカーにお願いすることがもっとも賢いやり方です。

利点がさらに二つあります。一つは、円高の時代にこのような仕事を外国に出すと、日本国内でするよりはかなり安くなります。もう一つは、時差の関係を利用し、日本の夕方=英国の朝に仕事をお願いし、英国の夕方=日本時間の次の朝に出来上がったファイルを受け取ることができます。

英語やほかの言語で文書を発行しようとお考えになっているとき、まずBJ日英翻訳事務所までお問い合わせください

> ホーム  :: サービス :: DTP